0790-48-4300

肩の痛み院長コラム

肩・腕の痛みと頚椎症

肩・腕の痛みと頚椎症

頚椎症とは、頸椎と呼ばれる7つの骨で構成されている、

首の部分に起こる痛みなどの総称です。

加齢により椎間板が老化したり、

靭帯が硬くなるために起こります。

また、首や肩甲骨付近に痛みが生じたり、

腕や手にかけて痛みが走ることも珍しくありません。

 

ひと口に頚椎症と呼んでも、発症した部位により

頚椎症性脊髄症(骨の脊髄が圧迫されます)

頚椎症性神経根症(首の骨の変形で神経を圧迫します)

などと名前が分かれます。

ちなみに、この2つの頚椎症は合併して発症することもあります。

 

頚椎症の原因

頸椎の椎間板はクッションの役目をしていますが、

加齢とともに弾力がなくなり、

ひび割れたり頭の重さのためにつぶれることもあります。

こうなるとクッションの役目を果たせなくなるため、

頚椎症などの症状が現れます。

腕にかけてのしびれや、

首が回りにくいなどが現れます

頸椎板の変性は、加齢とともに起きるので

避けることはできませんが、

ここまでならまだ病気ではありません。

しかし、頸椎板の変性により

髄が圧迫されるようになると、

頚椎症の発症となります。

腕のしびれに加え、腕の筋力低下

両腕に症状が現れれば椎間板の変形による

頚椎症だけでなく

脊髄への影響があります

 

頚椎症の治療法
一般的な頚椎症の治療法として、

病院では頚椎カラーを用いた装具療法や

薬物療法があります。

また、これに加えて温熱療法や、けん引療法などを併用することもあります。

頚椎症は激しい痛みを伴うこともあり、

痛みが収まらなければ神経をブロックして、

痛みを感知できないようにすることもあります。

また、症状が深刻な場合は、外科的な手術を施すケースもあります。

画像での診断がすべて症状に当てはまるわけではないので、

経過を見ながらリハビリで対処できるか検討が必要です

整体療法

頚椎症も首の骨の変形で椎間板や骨が

神経を圧迫することで起こります。

首の骨は背中の骨から骨盤へとつながっています

背中の骨全体の歪みをとり除くことも必要です

首の神経の圧迫で肩こりや首の痛みも

リハビリで軽くすることで様子を見るのもあります。