0790-48-4300

骨盤の痛み

骨盤の痛みについて-3つの骨と仙腸関節-

病院の検査で分かりにくい骨盤の痛みは?

骨盤とは一つの骨でできているのではありません。
私たちの背中の中心にある脊柱といわれる背骨を支える三角状の骨を、仙骨と呼びます。
さらにこの仙骨を真ん中にして左右に、腸骨といわれるお尻の出っ張りを作る大きな骨があります。
骨盤とは真ん中に三角状の仙骨をはさむ形で、左右に腸骨が丈夫につながり形成されています。水をためるバケツのようなイメージをしてもらえば分かりやすく、骨盤輪とも言われます。

腸骨と仙骨の間には強力な靭帯が張り巡らされており、それが他の関節とは大きく違うところです。骨盤が脱臼などすれば大変です。
交通事故や高所から落下するなど以外は、骨盤が大きく損傷してしまうことは考えにくいほど丈夫にできています。
ただこのような大きな事故の場合は、骨折という形になります。
それほど強靭な作りになっているのに、骨盤が痛みゆがみが出てくるのです。
仙腸関節といわれる仙骨と腸骨の間の関節が、痛みやゆがみの出るところです。
女性の分娩時に仙腸関節は広がります。
逆に固まってしまうのが、強直性脊髄炎といわれるものです。
この仙腸関節が動くのか動かないのか見解が分かれるところですが、最近の研究では動いても数ミリ単位でしか動かないという意見が多数です。
動かないけれども関節の炎症となって痛みが出やすいところです。
中高年の腰痛ではレントゲンを撮ると仙腸関節の骨が硬化して、ストレスにさらされた跡が見受けられる女性は少なくないようです。
骨盤整体や骨盤体操に通われた方も多いでしょう。
骨盤はほとんど動かないのですから骨盤だけを整体や矯正しても、その効果は長続きしないかもしれません。
骨盤に影響する股関節や背中・体幹の影響を考えての施術が、よいのではないでしょうか。
当院では骨盤だけ矯正して終わりではなく、体全体のバランスを考え足の長さや背中・体幹を見ていき、最後の調整として骨盤調整に入ります。
専門の機械で施術しますので痛みも少ないです。

骨盤が痛む原因分類別

骨盤前屈タイプ

このタイプはお腹が前に出ている体型の方に多く、腰から骨盤にかけおへそのほうに出っぱってきてしまいます。
おそらく骨盤の仙骨や仙腸関節に負担がかかり続け、慢性的に痛みやだるさがあります。
日本人の体型からすると骨盤は普通前傾し、人差し指2つ分ぐらいは前に傾くのが正常です。
ここで骨盤が前傾姿勢を取るのは大切なことなのです。
歩いたり運動するのには重心を前にすばやく移動させる必要があります。
この動きの中で骨盤の前傾がきつかったり不安定になると、腰痛や仙腸関節炎さらにぎっくり腰になりやすくなります。
これも生まれつきこのままではなく、日頃の生活習慣や筋力低下、体重増加や女性の出産後の骨盤の調整が不十分など考えられます。
今までの生活習慣が引き起こしていますので、体のバランスや背中、脚の硬さなどが影響しています。
施術の中で治療計画を立てながら改善していくことで対策できることもあります。

骨盤後屈型

一番多い体型で約6割の方はこの体型です。
日本人に多い、背中が丸まるネコ背体型がこのタイプです。
骨盤がおへその向きとは逆の、背中の方向に向く習慣になっています。
この原因はソファーに丸まって座るような体系を思い出してもらえばイメージしやすいと思います。
背中が丸まり骨盤に力が十分入っていない状態です。
このような方は太ももが硬かったり肩こりがきつかったりします。
慢性的に腰痛に悩まされている方も多いでしょう。最近のデスクワークや運動不足が原因にあります。
人から姿勢が悪いと言われることも多いでしょう。当院では骨盤を後屈させている原因となる箇所を探し、矯正や筋肉に硬さや癒着があればとっていきます。
このような方は骨盤周りの筋力が弱かったりうまく使えていないことが多いので、自分でできる体操を指導しています。
これができれば姿勢も良くなり、腰痛や骨盤の痛みもやわらいでいきやすいです。

骨盤の痛みと関係するところ-体幹コア・骨盤底筋-

コアマッスルや体幹トレーニングなど最近ではよく耳にします。
骨盤を中心に骨盤につながるところは、コア体幹を整える上で大切になります。
順番に挙げれば肋骨の内側にある横隔膜・腹筋・背筋・腹部のインナーマッスル・骨盤の底にある骨盤底筋がコア体幹になります。
これらが協力してコアを作っています。
よく「腹筋、背筋を鍛えましょう」と言われます。
しかし骨盤や腰に痛みを抱えている方が無理にこれらの運動をすれば、逆に痛みがきつくなったりすることがありますので当院では進めていません。
これは具合の悪い筋肉や関節に無理に負担をかければさらに悪くなり、トリガーポイントといわれる痛みを出す物質がさらにひどくなる恐れがあるからです。
これでは運動する意味がありません。
コア体幹に不具合があればそちらを施術しながら、骨盤の様子を見てゆくことが大切です。
これらは保険治療では時間も限られ保険対象外のこともありますので、自費治療で喜んでいただいております。
専門の治療コースはご本人の様子を見ながら検討していきます。

腰痛と骨盤

腰痛と思っていても実は骨盤の不具合からくる腰痛が多くあります。
背中や肩甲骨から腰・骨盤へと体はつなっがています。
さらに太ももから膝・足首へと体重がかかっていきます。
日常生活の中で私たちが思っている以上に、体は全身をうまく使いながら体を動かします。
このおかげで思うがままに体を動かせるのですが、その分負担が掛るところが腰や骨盤になります。
体の中心を東洋医学ではタンダと呼び、おへそのした指2本分ぐらい下にあります。
そのタンダの背中側が骨盤・仙腸関節にあたります。
骨盤はほとんど動かないのですが、腰と骨盤の間の腰椎5番と仙骨の間、左右の仙腸関節は関節になり体重を多く支えますので、負担が掛ります。
これらの痛みの炎症がトリガーポイントとなり、腰痛や骨盤の痛みを引き起こしたりします。
また仙骨からは腰痛の元となる神経痛とは別に、内臓や自律神経・婦人科病となる痛みを感じとり骨盤の痛みとなって現れることもあります。
このような場合専門の病院で検査された上で、整体を選ばれることを勧めます。
慢性的に腰から骨盤にかけてが痛む方は、長年の体のくせがひずみとなって骨盤のゆがみや捻じれとなっていることが考えられます。
骨盤だけ調整しても体の反応は長続きしないでしょう。
当院では体全体のバランスを考え各個人の状態から、骨盤を適切な状態に導くよう調整していきます。

姿勢と骨盤

これを見られている方は骨盤整体をどこかで受けられたことがあるでしょう。
また何度も治療院へ骨盤を「治しに」通われたでのではないでしょうか。
時代とともに治療方法も変わり、ヨガやピラティス、体幹コアトレーニングや骨盤ダイエットなど様々な治療法がありその情報も多様で、筋肉が丈夫なアスリート系から高齢者向けまで様々です。
当院では体の専門家として運動器系(整形学的)だけでなく、骨盤の乱れからくる姿勢や、猫背、頭痛や自律神経の乱れに影響することを施術の中で理解いただきながら体の改善に取り組んでいます。

現代人の生活習慣は同じ姿勢で仕事が続き、前かがみや体を丸める姿勢が長く続きます。
デスクワーク、パソコン、車の運転など骨盤の動きは偏ったものになりがちです。
さらにメタボや内臓脂肪は骨盤周りに負担をかけ続けます。
これらがさらに重なるぎっくり腰などになりやすくなります。

骨盤はほぼ体の中心に位置します。
歩いたり、走ったり、あぐらをかいたりできるのは骨盤が動いているからです。
骨盤から背中に向かうと腕を振るために肩甲骨、骨盤の上には脊柱がつながり頭蓋骨を支えます。
骨盤がゆがんだり左右差があれば脚の長さも左右違いが出ます。
整体に行けば「骨盤を整えましょう」と骨盤だけ調整しても、また時間が経てば元に戻りやすくなります。
当院では骨盤につながる体幹コアマッスルや、肩甲骨の動きや筋力が弱くなっていないかをアプライド・キネシオロジー療法で見ていくことや、動きの悪いところは筋膜リリースで調整していきます。
骨盤から仙骨・頭蓋療法を取り入れ、脳脊髄液を調整するヘッドスパをより専門的にし、他施術法も取り入れることで頭のゆがみが骨盤や姿勢の乱れに影響することに対処しています。
姿勢矯正や骨盤矯正は保険対象外ですので、自費治療で予約制となっています。

骨盤を動かす

良い姿勢のためにと、骨盤や背筋をまっすぐにすればよいと勘違いされている方もいます。
よく脊柱のS字カーブが乱れていると言われます。
頭と骨盤をつなぐ脊髄はまっすぐに直線状がよい姿勢ではなく、S字状にカーブがあるのが体を動かす上で大切で、体重をうんと支えるのも脊柱がまっすぐでは大きな体重は支えにくく、動きも制限されてしまいます。
体の中心に位置する骨盤を動かす上うえで大切なのは、体が動きやすい自然な位置(骨盤にとって)に骨盤があることです。
これを骨盤がニュートラル位置にあると呼ばれています。
ボール体操でボールの上にお尻をのせて動かしたりする動きは、この骨盤をニュートラルな位置に持っていくことです。
この骨盤の位置を普段の動きや運動の中で自然とできれば、上半身や下半身の動きはスムーズになり速く動き出せます。
骨盤が痛くて骨盤ベルトを見かけますが、骨盤ベルトに頼ってしまい慢性的に痛みや不安な状態が続いているです。
骨盤に負担がかかっている原因を取り除くことができれば、時間をかけてベルトに頼らなくてもよいことにもつながります。
骨盤を動かすとは骨盤につながる脚や股関節、上半身を骨盤とつながるように動かすことができれば、骨盤の痛みや仙腸関節炎、恥骨結合炎、鼠径部の痛みから解放されやすくなります。

骨盤整体ダイエット

ダイエットが長続きしないあなたへ、いつまで今の体で
満足ですか?

頑張っているのに痩せない・・・いつの間にかズボンのサイズが気になりだした・・・あなたの体は基礎代謝が落ちているのかもしれません。体の基礎代謝が落ちれば体からエネルギーが出ません。その結果脂肪がつきやすい体になっていきます。

体の専門家だからできるダイエットメニュー

患者様の声

こちらに来院された時の症状はどうでしたか?
足首のねん挫で来院しました。
来院する前にどのような不安や期待がありましたか?
どんな治療か不安がありましたが、友人から接骨院が良いと聞き来院しました。
実際に来院されてどうでしたか?
先生もとても優しく私の問いに親身に答えていただきました。院内も清潔感があり良いです。
治療を受けてみて来る前とは変化はありましたか?
きちんと捻挫も治していただき体のケアーや予防運動も指導していただきます。ダイエットでは結果も出て変化がありズボンもサイズダウンしました。
同じような方へのメッセージは。
ダイエットの面ではお世話になりました。また頑張りますのでお願いします。友人に勧めたいと思います。

骨盤のゆがみからくる体の不調は腰痛や肩こりだけでなく足の冷えなどにもつながります

この状態が長く続けば下半身や下のおなかがふっくらしてポッコリおなかになってしまいます。

ダイエットコースの流れ

  1. 1問診・カウンセリング
    ご本人の要望や生活環境を聞きながら説明します。
  2. 2骨盤の位置をテェック・調整していきます
    体のゆがみもなくなり体の代謝が上がります。
  3. 3さらに元に戻りにくい体にする施術をプラスしていきます
    骨盤がそろってもまた元に戻りにくい体に近づけるように骨盤に影響する体幹や脚の問題がないか見ていきます。
  4. 4あなたの自分で持続する気持ちが大切です
    あなたにあった生活改善やストレスの影響、自分で得きる体操を習得してもらうことで
    効果を持続します。

だいじょうぶです。問題点を改善できれば成功するはずです。きちんとサポートします!

体の変化を実感すれば前向きな気持ちになって継続できるはずです。
一回では効果は十分ではありません、こちらの通院計画とご本人のやる気が大切です。