0790-48-4300

膝の痛み

膝関節症・膝関節不安定症

膝関節不安定症の症状

  • 深くしゃがめない
  • 階段のぼり降りがつらい
  • 歩く時に膝の周りが痛む
  • 動いた後の痛みや腫れ、関節周りに熱感がある
  • 正座ができない
  • 膝がまっすぐに伸びない
このようなことで悩まれてませんか?

「注射したけどよくならない・・・」「いつまでこの注射をしたらよいのでしょうか?」
膝が曲がらないのを年齢のせいにしてあきらめていませんか。

膝が曲がらないままにしておくと軟骨や関節にも大きな負担となり、さらに悪くなることもあります。

年代的には40代以降は特に関節軟骨のすり減りが症状として現れ出す年齢です。

関節軟骨は膝関節の中で大腿骨・膝蓋骨・脛骨が関節運動で直接ぶつかるのを防ぐクッションとしての役割があり、膝の曲げ伸ばしをスムーズな動きにします。

膝の痛みの原因は軟骨だけでしょうか?

膝のお皿の動きは正常でしょうか?
膝関節の硬さやねじれ、また筋肉から痛みが出ていることはないのでしょうか?

軟骨自体には痛みを感じる神経は存在せず、血管もありません。
ですから軟骨自体が膝の痛みの原因ではないのです。

軟骨表面に傷ができたり軟骨の一部分が薄くなると、膝痛の原因は軟骨のすり減りと決め付けてしまいがちです。
しかし軟骨自体には痛みを感じる神経が存在しないのですから摩耗して薄くなっても分からず、周りの膝の関節(滑膜関節)に腫れや水が溜まって初めて痛みが生じます。

これは関節が腫れることで関節内の水が余分に溜まり、関節の袋を内側から引っ張ることで痛みが出ているのです。
少しの水が溜まる程度では自然と良くなることもありますが、明らかに腫れがあるようでは注射で抜くのが良いでしょう。
その結果関節の動きは悪くなり、膝の曲げ伸ばしは十分にできなくなっていきます。

このままでは筋肉の働きも悪くなり、関節や筋肉・靭帯も十分に伸ばされないことで硬くなっていきます。

この状況が長く続くと「膝が曲げにくい」「深くしゃがめない」「階段の上り下りが気になる」ことになります。
そうです、膝を支える筋肉を強くしたり、膝のお皿の動きを良くすることで対応できることもあります。

※ただし年齢的に変形が見られるなら、は病院での検査をお勧めします。

すり減った軟骨は元通りにはならないのでしょうか?

残念ながら現在の医学では、完全に元通りにはなりません。
しかし痛んだ軟骨の表面に薄い軟骨状の膜ができることは確認されています。

また軟骨は少しですが修復機能があり、周りの関節液からの栄養成分を少しずつ受けることで修復され、すり減った表面に薄く軟骨ができることがあります。

注射やコンドロイチンなども結構ですが、いつまでも続けると副作用もあるでしょう。
運動や定期的な治療で膝関節に適度な刺激を与えることで、軟骨もよみがえることが考えられます。

時間はかかりますが、筋力も付くことで膝が安定します。
関節の中には前十字靭帯・後十字靭帯・内側半月板・外側半月板・内側副靭帯・外側側副靭帯があり、膝の動きを支えています。
軟骨とともに体重を支えたりする機能として、内側半月板・外側半月板があります。

これらが主に体重を支え関節の曲げ伸ばしの中で関節運動をなめらかにします。
またこれらも年齢とともに摩耗して一部が擦り切れたり、断片化して小さな破片ができます。
また無理な動きにより部分断裂を起こしたりもします。

断裂したものは縫合手術や部分切除手術適用になることもありますが、一度切除した物は元には戻せませんのでしばらく様子を見てから判断することになります。

これ以外にも骨や関節を動かすにはそれを支えている筋肉の動きが大きく影響します。
年齢とともに知らないうちに太ももやふくらはぎの筋肉が衰え正常な膝関節の動きができなくなり、関節包や軟骨・半月板に負担がかかり痛みにつながります。

関節に貯まった水を抜いたりヒアルロン酸注射で関節の滑りをよくすることも必要ですが、筋力が弱ったり乱れた関節の動きのままでは関節に負担はかかり続けます。
正しく正常な関節運動をもう一度習得することが望まれ、その上で筋力を付ける必要があります。
無理に予防運動や筋力トレーニングをしても効果は少ないものになります。

膝の専門施術を受けることで
正しい膝関節の動きを取り戻してください。

膝関節不安定症の痛みの原因には筋肉の使い方や靭帯の硬さが隠れています。

膝の痛みはどこからきているのでしょう?

軟骨が原因でしょうか?靭帯や半月板、

それとも筋肉に原因があるのでしょうか?

膝関節の動きは問題ないでしょうか?

レントゲンでは「軟骨が減っています」「水も少し溜まってますね」このように言われることが多いでしょう。
レントゲンでは骨の軟骨の異常やトゲができているのはよく分かります。

しかし痛みの原因はこれだけでしょうか?本当にこれが痛みを出しているのでしょうか?

筋肉や靭帯などは問題ないのでしょうか?

しかし膝周りの靭帯や筋肉の状態はレントゲンには写りません。
もしこれが痛みの原因であれば見逃してしまうかもしれません。

膝の関節整体で靭帯や筋肉の状態を良くして、膝の動きを元通りに取り戻すことが大事と当院では考えます。
※ただしMRI検査が必要な方は病院での検査を進めることもあります

関節軟骨のすり減りや半月板の変形などにより関節に炎症が起こり膝に水が溜まった場合は、病院で注射により余分に出たものを抜いてもらえば関節の腫れや痛みも一時的に治ります。

しかし膝の関節は滑膜関節ですので、この関節の袋である滑膜が炎症でかさの増えた関節液によって引っ張られ痛みが出ます。

膝の滑膜は神経や血管が豊富に存在するため、痛みにも敏感に反応します。
この状態を我慢していると膝の周りの筋肉が痛みにより弱くなり、筋力は正常には作用しません。
このことがさらに膝関節に負担を与え、痛みの悪循環へとつながります。

悪循環を断ち切るためにも関節注射は必要ですが、何度も症状が続くようでは関節の腫れの原因は何かを考える必要があります。

一度減った軟骨はすぐには元には戻りませんので、ヒアルロン酸注射などの関節液を柔らかくする注射を定期的にしてもらうのもお勧めです。
また体重をかけた運動で軟骨に負担をかけて関節液からの栄養成分を少しずつ吸収させ、軟骨の修復作用を高めることも必要です。

軟骨には血管がなく神経も存在しませんので、組織修復に必要な栄養分が十分には届きません。
その分正しい運動で軟骨に栄養分が届くことが大事です。
これには自分でできる運動もありますが、関節手技による施術が必要です。

関節を支え膝の曲げ伸ばしの推進力を生む筋肉にも原因があります。
膝の曲げ伸ばしには太ももの表側の大腿四頭筋と、裏側のハムストリング筋が主に使われます。
大腿四頭筋が弱り正常に作用しないと膝のお皿といわれる膝蓋骨の動きが悪く、スムーズな関節運動はできにくくなり痛みにつながります。
特に膝の内側にある内側広筋が重要になります。
また大腿四頭筋の筋力低下によりハムストリング筋などにも影響があり膝が伸びにくくなり、曲がったままになります。
予防運動として進められる運動では自分で正しくその効果を出すにも個人差があり、うまくできないこともあるでしょう。

専門の施術で正常な運動動作を一度習得してから自分でトレーニングすることが、よい効果を生むと思われます。
筋肉のバランスが悪いと正常な関節の動きはできなくなり、膝の動きだけでなく膝を支える足首や足底また股関節にも負担がかかり、一度乱れた動きはさらに悪い方向に筋肉が学習してしまいます。
膝の痛みはこの筋肉からくることが多くあります。

膝を深くしゃがみ込む動作や階段がつらい原因は

膝を深く曲げるには膝のお皿(膝蓋骨)の動きが影響してきます。


歩くのは痛くないが階段昇り降りで痛んだり、しゃがみ込む動作で痛む場合は、膝のお皿の動き(膝蓋骨)に原因がある場合が考えられます。

気付きにくいでしょうが、膝のお皿は膝を曲げたり伸ばす時には上下に動くのです。
少しでも動きが悪いと片方の膝は動きにくく、歩き方に左右差が出ていることがあります。
特に立ち上がる時や階段の下りなど負担がかかるところでは、自分では普通にできているつもりでも実は膝のお皿の動きがずれていたりします。


これには理由がありお皿(膝蓋骨)の周りは筋肉や靭帯がつながることで、太ももの筋肉を膝関節に伝えることができます。

そのおかげで膝の曲げ伸ばしがスムーズに行えます。

膝が痛む理由の一つにこの膝のお皿の動きが悪くなり、負担がかかりやすい立ち上がる時や階段の下りで膝のお皿の動きが正常な動きからずれることで、膝関節に痛みが出ます。
特に膝の表側の痛みに多く現れます。

レントゲンでは膝のお皿の軟骨が減っていますといわれるぐらいでしょう。
軟骨以外に靭帯や筋肉の問題が隠れていることがあります。

また膝関節の中にあるお皿(膝蓋骨)の下に存在するゼリー状の油のような脂肪の固まりが、膝のお皿の動きには重要な働きをします。

この固まりを膝蓋下脂肪体といい、膝関節の中を移動することで膝を深く曲げたり伸ばすことができます。
手術した後などでは硬くなってしまうこともあります。
この動きを膝のお皿の動きを良くする施術とともに柔らかくすることが必要です。
当院では無理に「ポキー」とすることはありません。
痛みの伴わない体にやさしい治療を心がけています。

膝前面に痛みが現れることもあります。

階段昇り降りの動作では大腿四頭筋に遠心性の強い力が作用し筋肉が引っ張られるように収縮します。

その時、膝蓋骨の動きが不安定では、この四頭筋の強力な力で膝蓋骨が正常な軌道から外れたりして膝蓋大腿関節の不安症につながります。

大腿四頭筋の中でも外側にある外側広筋の動きに柔軟性が欠けていたりして、膝蓋骨を支える膝蓋支帯の動きが悪いことが原因としてあげられます。

内外側膝蓋支帯・膝蓋下脂肪体などからなる、膝蓋骨周囲の軟部組織の柔軟性を改善する必要があります。これらが機能低下や周辺組織と癒着することで関節圧が上がり、膝蓋骨低位になり痛みにつながります。膝前面に負担を減らすため臀筋ハムストリング筋の筋力向上があげられ、膝蓋骨周囲の施術で改善すると思われます。

大腿四頭筋による脛骨粗面への牽引力

歩く時に痛む、膝が完全に伸びない原因は

歩く時に痛む、膝が完全に伸ばせない状態では、膝の関節の中にある脛骨大腿関節に原因があります。

難しい名前ですがレントゲンを撮って「特別異常はないですが、軟骨が減っていますね」と呼ばれるところです。
骨と骨とをつなぐ関節とイメージしてください。

大腿骨と脛骨をつなぐ関節ですが棘トゲが現れたりします。
関節変形症では関節の隙間が狭くなります。
歩く時にこの関節に体重がかかり、痛みとなります。

軟骨のすり減りだけでなく、関節の腫れや周りの筋肉の痛みとしても現れます。
関節の炎症があることで太ももの大腿四頭筋やハムストリングが硬くなってきます。

この筋肉が硬くなり正常に伸びたり収縮できなくなると、膝関節は完全に曲げたり伸ばしたりできなくなります。


私たちの動きは体重を支える動きが主ですから、膝は少し曲がったままになっていきます。
この状態が続くと膝は少し曲がったままになり、ますます負担が大きくなり悪循環になります。

長く痛みや不具合が続くのはこのような繰り返しが原因です。

太ももの筋肉の大腿四頭筋とハムストリングを治療により柔らかくし働きをよくすることで、曲がったままの膝も完全に伸ばせるようになるでしょう。

膝が完全に伸ばせない状態では歩くのに正常より大きな力が筋肉に求められ、左右にぶれたりします。
完全に曲げ伸ばしできない状態では筋肉の力も制限されてしまいます。
これでは、よくなっていくことは少ないでしょう。

一度治療により正しい動きを自分で感じることで効果もより良くなります。
足底板作成により動きを改善し、膝に負担の少ない動きを得られると考えます。

※ただし膝変形関節症では骨自体が変形していることも考えられますので、
病院での検査が必要なこともあります。

膝前十字靭帯損傷

膝前十字靭帯損傷の症状

急な外力による転倒、ジャンプから着地の動作、バスケットボールなどの競技中の切り返し動作などで膝関節に大きな負担がかかり、内部にある前十字靭帯に急激に捻りの外力がかかることにより、靭帯の部分断裂や完全断裂が起こること。

26歳を平均に比較的若い人に起こりやすく、70%がスポーツによるもので、特に女子に多く見られます。

部分断裂は経過を見ながら保存療法で済むこともありますが、完全断裂は手術適用となります。

完全断裂になるほどでは前十字靭帯以外に、膝の動きを支えている内側半月板や内側側副靭帯の損傷または断裂も併発します。半月板は縫い合わせる縫合手術となることが多く、内側側副靭帯は保存療法で修復が見込めます。

痛めた直後は疼痛・関節血腫(痛めた靭帯から出血します)・関節周囲から太ももふくらはぎの腫れ・運動制限(膝が曲がらない)といった症状が現れます。

ジャンプからの着地の動作などで「この時に痛めた」という心当たりがあるはずで、急な外力によるとはこのことです。
しかし最近の研究では毎日の練習により積み重なった負荷により少しずつ前兆がある中で、試合中の不自然な動きや接触動作により靭帯損傷につながるという意見もあります。
痛めた後も少しは運動を続けられることもありますが、早急にアイシングで患部を冷やし痛めた靭帯や関節からの出血や炎症をおさえ、MRI検査を受けることが必要です。

痛みについては靭帯損傷の程度にもよりますが、靭帯そのものの痛みの他、部分的に引き伸ばされた関節や内側側副靭帯の痛みの方が強いこともあります。

前十字靭帯とは

膝関節を構成する大腿骨と脛骨を関節内部で支える強靭な靭帯で、麺類のきしめんが細くなって巻きついたような形状をしています。

約2000Nを超える力に耐えられます。
脛骨の内側果結節から後上外側へ大腿骨顆間窩外側に付着し、脛骨の前方移動の抑制力の80%を担います。靭帯の長さは平均3.8センチメートル、中央部では幅1.1センチメートルあります。
後十字靭帯に対して強度は2倍あり、長さは5:3と長くなっています
前十字靭帯を断裂すると脛骨の前方移動が10ミリメートルを超えます。
前十字靭帯は膝の伸展時緊張し、後十字靭帯は屈曲時緊張します。

前十字靭帯は走行中、下腿(脛骨)が内旋(膝が内側に折れる向き)により緊張し伸ばされ、逆に後十字靭帯は緩みます。
前十字靭帯は下腿を外旋方向(親指が外方向)へ誘導する機能があります。
膝関節の外反(膝が内に入り足首が外に向く)や過伸展(膝が伸びてしまう)といった動きを制限します。

こういった機能上の動きがスポーツ動作中に乱れたりすることで、靭帯が引き伸ばされ障害が起こり、ひどい場合は断裂につながります。
膝関節は屈曲や伸展の角度変化の中で関節の運動中心が変化し、一定の運動軸では規定されていません。
膝にサポーターをはめてもずれ落ちてくるのはこのためです。
また最近の研究では膝関節外反位で脛骨回旋時に、関節面の大腿骨外側果と靭帯が接触し損傷することも挙げられています。

膝前十字靭帯損傷の原因

スポーツ動作中の発生原因として、アライメント(関節・骨の位置)の乱れや神経筋コントロール機能の不全があげられます。

神経筋コントロール機能とは固有受容感覚ともいわれ、関節内の靭帯や半月板または関節包とそれらに動力を与え運動に導く機能です。

例えば膝を90度に曲げる動作では膝関節の位置や足首・足底の位置が乱れることなく一回、二回とでできる人もいれば、同じように曲がっていても、体がぶれたり股関節・足関節の角度が乱れて膝関節内にねじれの力がかかる人もいます。

また股関節の屈曲角度を上げたり足関節の屈曲速度を上げることで、股関節の屈曲角度の代償にしたりします。
このような自分の関節の位置のズレが運動中も生じることで筋肉の疲労がより大きくなり、靭帯損傷につながります。

筋力の弱さや他の筋肉とのバランスの問題、体の位置(関節の位置)を乱さないことが必要です。
アライメントの乱れとは体の位置の問題です。

例えばバスケットのストップ動作では膝屈曲角度が浅い人もいれば深い人もいます。
また膝が内側に入り「knee-in to out」の状態になる人もいます。

特に女性では体重あたりの筋量が少ないこと、膝関節の回旋量が大きいこと、膝関節が過伸展・外反すること、骨盤が広いことなどが原因としてあげられます。
筋力強化の他に、正常な筋出力ができ乱れた運動同作の改善が求められます。

発生原因スポーツ動作バイオメカニクス分析

ストップ動作

膝関節伸展位近くでの損傷が考えられます。 伸展位での屈曲不十分があげられ、大腿四頭筋の筋力不十分が考えられます。
屈曲が不十分であるといつでも始動できるように筋活動が動員されず、膝の安定性は骨性支持に頼り動作の乱れにすぐ対応できません。
ストップ動作により大腿四頭筋が遠心性の収縮し、膝蓋骨・膝蓋腱を通じて脛骨が前方に引かれ損傷します。靭帯を引き延ばす力は膝関節伸展位(膝が伸びた)の方が強くなるため、膝関節伸展位でのストップ動作は損傷の危険度が上がります。
また重心が後方にあり足関節が底屈位をとることで損傷しやすいともいわれています。
この他に膝関節には外反位をとる人や、ハムストリングの筋力が弱い人もあげられます。

カッティング動作

ストップ動作と連動したこの動作の時に、前十字靭帯を断裂することが多く知られています。
ボールをキャッチして着地、さらにストップしてから右や左に方向転回して切り込んで行くような動作です。この時重心がどちらかに偏ることで膝関節外反位や伸展位に近くなり、膝が「内側に入った状態」でボールをパスしたり、接触動作で「膝がぐらりときた」となり脛骨が外方に崩れるようになります。
これが「giving way=膝崩れ」現象で、前十字靭帯損傷の兆候です。

着地動作

ジャンプからの着地動作では膝関節の外反角の増加や深く屈曲できないこと、重心が後方になることがあります。着地動作においてはハムストリングの活動が、女性は低いことがあげられます。

予防

ジャンプ着地をイメージした場合

1日2~3時間の練習で週末に長い時間をかけたと仮定すると、1年間あたり1,000時間もの練習量になります。
前十字靭帯損傷発生率が「0.5」といわれていますので、1年間競技を続けると損傷を起こす計算になります。
10人に1人から20人に1人へと損傷頻度を下げること、この発生率「0.5」を低くする方法のひとつが予防プログラムです。
毎日短い時間で誰でも効果が現れ、競技力の向上にもつながるものが求められます。
バスケットの着地動作では前後左右にふらつかず安定した着地が求められます。

足幅を開いて基底面を広くし、「knee-in」しないで足部の直上に膝が来るように着地します。
膝が足の第二指の上にあることをイメージします。
こうすれば足底のアーチの剛性は高くなり、下腿から膝のバランスを崩すことも少なくなります。
スクワット運動でこの動きを学習させることができます。
スクワットの時、股関節90度(骨盤が後屈しない)、足関節背屈45度(第二指に荷重がくる)、動作中膝が内側に入らない(knee-in)しないようにします。
正しいスクワットができない原因として中小臀筋の筋力不足(骨盤を水平に保つ力)、大腿四頭筋、腸腰筋の筋力(骨盤を前傾させる力)、下腿部の筋力が不足しています。

これらの筋肉は、運動における持久力、平衡性、協調性、柔軟性などのために必要です。
むやみに運動するだけでは筋肉を正常に使えなかったり間違った関節の動きをするため、効果も薄くなります。施術を通じて正しい筋肉の状態(元の状態)に戻し正しいイメージをつかんでから運動するのが、効果も早いと思われます。