0790-48-4300

腰痛の種類別原因

ぎっくり腰になったときの対処法

ぎっくり腰になってしまったら対処法 

急な腰痛になったらまず腰に負担の掛からない姿勢で安静にすることで、

さらに悪くなることも防げます。

ぎっくり腰の状況にもよりますが、歩くのもままならない状態になってしまえば、

数時間から半日間、安静にすることで様子は落ち着いてくると思います。

ソファーや平らなベットで腰への負担の少ない体制で安静にすると落ち着いてくると思います。

こんな場合、冷やすのと温めるの、どちらがいいですかと尋ねられますが、

あまりに急な痛みの場合は、冷感の湿布薬や保冷剤などあれば患部をはじめに冷やして炎症の熱を取るのが一般的です。そのあと温めることで対応します。

腰のコルセットがあれば着用するのこともいいでしょう。

腰のコルセットも腰の骨が骨折した時のようなコルセット自体が非常に硬いものは、ぎっくり腰などには向かないでしょう。

適度な硬さで十分です。くれぐれも腰に不自然な動きをさせないためですので、コルセットをして返って腰に痛みがきつくならないよう注意しましょう。

安静にするのが自分の見解では難しいかもしれませんが、無理に動き回るとその後かえって治りが悪くなります。

くれぐれもアルコールの飲み過ぎや無理な姿勢で座ったり、自分で我流の体操などして返って痛みがきつくなることことに注意しましょう。

ぎっくり腰になるには普段から何らかの兆しがあるものです。

年に数回なっている、一年に何度が毎年起こる、

などはぎっくり腰になったときに、きちんと回復しきれていないのが残り、腰痛を抱えたままの状態で日常生活を送れているのか原因にあります。

再発を防ぐ意味でも、状態が落ち着いてくれば、専門医で診てもらい腰の画像診断で異常がないか診るのもよいでしょう。

画僧に異常がなければ、整体などで腰の筋肉や骨盤のバランスを整えることで腰痛の再発につながるはずです。

歩くのもままならない状態のぎっくり腰では、数回続けて施術する必要があるかも知れません。

施術せず治ったように自分では思っていても繰り返し腰痛を起こしている人は、ぎっくり腰を繰り返している原因をご自身で理解する意味でも整体院での施術も必要かもしれません