0790-48-4300

院長コラム

夏の腰痛対策

こんにちは、豊田接骨院です。暑い日が続きます、体調管理が大変です。

今年のような炎天下が続くと、

・水分の取り方

・冷房の取り方

・睡眠不足・・・

天気の影響でこんなにも体には影響があります。

水分の取り方ですが、常温の水は体には吸収に時間がかかります。

こまめに水分を取りましょうとは、たくさん汗をかいても、水では吸収に時間がかかり、水分不足で危険だからです。

体から吸収されるの主に大腸からです。

スポーツ飲料や塩分を利用しましょう。

水分を無理に取りすぎると胃腸の調子も悪くまります。

特に冷たいものを取りすぎてお腹が冷えると腰痛が出やすくなります。

吸収の速い水分補給を心がけ、冷たいものもほどほどに心がけましょう。

 

今年のような暑さでは室内でも絶えず冷房が必要かもしれません

事務所で一日冷房が効いてると体は冷えてゆきます

特にエアコンの風が直接当たると筋肉は夏でも冷えてしまいます。

冷えは腰痛には注意が必要です。特に足が冷えると腰には影響あります

室内で少し、動いたりして、体を温めることも必要です。

腰痛は腰の骨や筋肉の影響だけでなく

日常生活で腰に負担の掛からない少しの予防策で急な腰痛を防げることもあります